お知らせBLOG

「最近、どうですか?」

考えなければ答えられないオープンクエスチョンの一つ。

この問いを受け取って、オンラインで集まるカタリバを「オンラインブランチ@津屋崎」に参加させて頂きました。

津屋崎ブランチの山口覚さんが発起人で、山口さんと直接つながる人たちだけですので、安心安全の場で、自由に対話することができました。また、ダイアログファシリテーターとして、複数の「対話」を促し、勧めてゆく山口さんの存在も大きいなあと感動することでした。

そのバトンを受け取って、こころ塾でも、オンラインブランチ企画致しました

「オンラインブランチ@こころ塾」

初日は、branch=とまり木を、brunch=遅い朝食と誤解されてしまって、朝食をご用意しての参加にびっくり大笑いとなりました。

2回目は7名のなつかしい塾生の面々がご参加されました。ブレイクアウトルームでのペアワークも導入したり、おひとりおひとりの最近を共有できました。感謝。


on-lineこころ塾も、リアルな開催と共に実施していきますね。お楽しみに。

心を言葉にすることをお手伝いする仕事をしています。  

カウンセリングもコーチングもメンタリングも、組織における面談もまた、向かい合った人の心の声を言葉にして頂くことを大切にします。 

 人は、自分の心が言葉になった時、  

それを聴いてくれた人が、肯定的にうけとめてくれることで、心が動き、次の思考、次の行動を生み出すことができます。  

ですから、一方的に伝えられるだけの対話では、  

心が動かせず、相手に「変わってくれない」とか、「わかってくれてない」と勘違いされることになります。

損ですね。

 望ましい聴き手がいなくても、

 日記やモーニングノート、SNSへの投稿、手紙などで、心を言葉にすることができます。  

祈りもまた 心を言葉にする機会です。  

そして、心を言葉にすることを心がけることで、「伝える」ことができるようになります。

お得です。

コロナウィルス感染症から命をまもるために、

ひとりひとりがさまざまな、

自分にできる自粛や支援を実践する今、

会いたい、話したい、旅したい、仕事したい、遊びたい「気持ち」が宙ぶらりんです。

未来をみつめなおす機会に、

インスピレーションに光を見いだせるかもしれませんよ。

誰かに話すことで。

誰かの視点を得ることによって。

心にある想いを言葉にする機会を、「占術」というツールをつかってコーチングします。

詳細とお申し込みは、HPの「期間限定」からご覧ください。

お待ちしています。



話せる場として気軽に個人セッションをご利用ください。

趣味で学習してきた空海さんの占いを基に鑑定します。

メッセージカードの発行、及び、そこにプラスして個人セッションを承ります。

個人セッションは、開放的な場所での対面の他、ZOOM(Skypeでも可)、電話でもOKです。



メニュー

A。空海さんメッセージカード

B。空海さんメッセージカード&個人セッション40分


ご予約・お申し込みは、HP「期間限定」ページからどうぞ。



私が一番好きな花は、桜です。

日本人の血が影響しているからかどうかはわかりませんが、

祖母もまた、桜が大好きな人で、

「桜の季節に逝きたい」と願い、桜が満開の日に亡くなりました。


毎年、心待ちする桜の季節、

オオイヌフグリや菜の花が咲き始めると

桜の木々が心なしかふんわり桜色になって

つぼみがぼちぼち開いてくるころには、

はやくも散る日を想って切ない気分になります。

わくわくというより、

切ないのですね。


2020年の桜は、今ほぼ満開です。

人々は、木々の下に陣取って花見に興じることはなく、

しみじみ見上げながら通り過ぎてゆきます。


世界中の人が、

中国の武漢から広まった得体のしれないウィルスを

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)と名付けておびえています。

日本にいる私たちも、

桜満開の青空の下で、不安な時間をただただ過ごしていますね。


わたしにできることはなんだろう。

誰かのために、

わたしにできることはなんだろう。

命を守るために、

わたしにできることはなんだろう。

あなたのために、

わたしにできることはなんだろう。


ひとつ 始動しますよ。

2020年の1月も、

あっという間でしたね。


私の仕事は、

お客様の職場に伺う仕事です。


今年最初の出張は、

東京で、その後は岡山、

宮崎と続きました。


こういう生き方は幼い頃の、

兼高かおるさんや、

カロリーヌの世界の旅

の影響も大きいと思います。

ご存知ですか?