お知らせBLOG

令和4年(2022年)も宜しくお願い致します。

2022年の元旦は、ニ年ぶりに、鹿児島の実家で迎えました。

盆地の初日の出は遅く、待ちましたが、見上げた空は、雲一つない青空で、その移り変わる光の彩が清々しく心洗われる思いがしました。

2022年(令和4年)は、コロナ禍における新たなオミクロン株の発生に、第6波を体験することになるのではないかという不安を抱きつつも、アフターコロナにおける自分の在り方を、しっかりと心に決めたいという想いからはじまりました。

昨年度も引き続き、コロナ禍による仕事のキャンセルも相次ぎましたが、結果、出張回数も大幅に減ることはなく、全国各地で仕事をすることができました。新幹線や飛行機を利用しながら、かつて人であふれていた駅や空港、街の閑散とした風景に寂寥を感じ、秋になって再び人があふれだしたときは、安堵と不安が入り混じる、これまで経験したことのない感覚を体験しました。平和とは何か。日常のありがたみとはどういうことかを考えました。

何より、たくさん仕事できたことはひとえに、私をあてにしてくださった皆さまとのご縁にあり、仕事を頂けることに、これまで以上に感謝した1年にもなりました。また、8月に2回のワクチン接種もして、とにかく健康でいられたことも有難いことと感謝しています。

もうひとつ、昨年から通信制の大学院生となりました。仏教、主に密教の勉強をしています。かねてより空海ファンを名乗っていますが、本格的に学び始めました。大学時代以来の長文レポート作成に、想像以上の苦しみを体験することになりましたが、学ぶことが面白い、楽しい、感動! いくつになっても学習を続けることの意義を、やってみて改めて実感している今日この頃です。

これからの人生、私が、自ら選択する光に向かって、まっすぐ歩むことができるよう、日々是精進です。今年もその心持ちで臨みたいと思います。

10年続けて休止している「こころ塾」も、今年はどこかで開催したいと計画中です。

2022年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。


あけまして、おめでとうございます。

2020年は、世界をゆるがす感染症によって、非日常を生きる一年でした。

2月が終わるころから世の中がざわざわして、あっという間に出張を伴う仕事のすべてが流れました。3ヵ月以上にわたり、収入の目途が立たないというフリーランスならではの窮地に陥り、絶望しかけました。

しかし、どこにも行けない日常は、自分にとっては「自分の時間」がたっぷりできたという幸運もあり、浴衣を買って、YouTubeで着付けを練習し、自分で着物を着ることができるようになりました。また、ミシンを引っ張り出して、マスクを作ってみたり、故郷の畑でとれたどくだみを煎じてみたり、いろんな本を読んだり、一日中テレビを観てみたり、今となっては、結構楽しんでたと思うほどです。

夏が過ぎて、秋からの三か月は、10の都道府県にわたり、出張を伴う仕事が戻りました。実は、昨年と同様なのに、とても忙しく感じました。しかし、年末にかけて感染症の陽性率が高くなったために、年末年始は帰省を自粛して、一人で年越しを致しました。


元旦。1日の21時から、3日の9時まで断食をしました。

その間、学びのためのウェビナー2本受講しました。

衝撃的だった学びは、今年の目標を生み出しました。

ひとつは、2021年のビジョンを描き、目標を立てようと思っていた矢先、最初のウェビナーの講師が、「人は自分の脳にある知識の中からしか選択しない。新しい時代に適応し、変わらなきゃならないときに、新たな知識を得ない人はサルだ」みたいなことを言いました。たくさんの情報から、自分にとっての真実を見出そうとする努力が必要です。なお、その情報とは、最新でなければならない。たとえば、脳科学とか、DXとか。で、それ系の本を100冊読む目標を立てました。

もうひとつは、コミュニティの在り方。2018年で10年続けた「こころ塾」を休止しました。自分の中で、「こころ塾」が、本当に望まれているものを提供できているのかという疑問が生まれ、実施意欲がストップしてしまったからです。その答えを、ふたつのウェビナーで確信しました。これからは、依存的でなく、迎合のない、同じ志と価値観を共有できる人たちと、孤高でありながらつながることが必要です。お互いがお互いに学び、一緒に志をとげていくコミュニティの在り方が理想です。そこで、今年は「こころ塾」を再構し、新しいコミュニティ3つに所属するという目標を立てました。うち一つは、今日、申し込みました。

2021年、どうなるかわからないけど、立てた目標は達成したい。

未来に貢献できる人でありたいから、学び、つながることを大切に生きます。

皆さま、そして、これから出会う皆さま、どうぞ宜しくお願い申し上げます。



心を言葉にすることをお手伝いする仕事をしています。  

カウンセリングもコーチングもメンタリングも、組織における面談もまた、向かい合った人の心の声を言葉にして頂くことを大切にします。 

 人は、自分の心が言葉になった時、  

それを聴いてくれた人が、肯定的にうけとめてくれることで、心が動き、次の思考、次の行動を生み出すことができます。  

ですから、一方的に伝えられるだけの対話では、  

心が動かせず、相手に「変わってくれない」とか、「わかってくれてない」と勘違いされることになります。

損ですね。

 望ましい聴き手がいなくても、

 日記やモーニングノート、SNSへの投稿、手紙などで、心を言葉にすることができます。  

祈りもまた 心を言葉にする機会です。  

そして、心を言葉にすることを心がけることで、「伝える」ことができるようになります。

お得です。

コロナウィルス感染症から命をまもるために、

ひとりひとりがさまざまな、

自分にできる自粛や支援を実践する今、

会いたい、話したい、旅したい、仕事したい、遊びたい「気持ち」が宙ぶらりんです。

未来をみつめなおす機会に、

インスピレーションに光を見いだせるかもしれませんよ。

誰かに話すことで。

誰かの視点を得ることによって。

心にある想いを言葉にする機会を、「占術」というツールをつかってコーチングします。

詳細とお申し込みは、HPの「期間限定」からご覧ください。

お待ちしています。



話せる場として気軽に個人セッションをご利用ください。

趣味で学習してきた空海さんの占いを基に鑑定します。

メッセージカードの発行、及び、そこにプラスして個人セッションを承ります。

個人セッションは、開放的な場所での対面の他、ZOOM(Skypeでも可)、電話でもOKです。



メニュー

A。空海さんメッセージカード

B。空海さんメッセージカード&個人セッション40分


ご予約・お申し込みは、HP「期間限定」ページからどうぞ。



私が一番好きな花は、桜です。

日本人の血が影響しているからかどうかはわかりませんが、

祖母もまた、桜が大好きな人で、

「桜の季節に逝きたい」と願い、桜が満開の日に亡くなりました。


毎年、心待ちする桜の季節、

オオイヌフグリや菜の花が咲き始めると

桜の木々が心なしかふんわり桜色になって

つぼみがぼちぼち開いてくるころには、

はやくも散る日を想って切ない気分になります。

わくわくというより、

切ないのですね。


2020年の桜は、今ほぼ満開です。

人々は、木々の下に陣取って花見に興じることはなく、

しみじみ見上げながら通り過ぎてゆきます。


世界中の人が、

中国の武漢から広まった得体のしれないウィルスを

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)と名付けておびえています。

日本にいる私たちも、

桜満開の青空の下で、不安な時間をただただ過ごしていますね。


わたしにできることはなんだろう。

誰かのために、

わたしにできることはなんだろう。

命を守るために、

わたしにできることはなんだろう。

あなたのために、

わたしにできることはなんだろう。


ひとつ 始動しますよ。

2020年の1月も、

あっという間でしたね。


私の仕事は、

お客様の職場に伺う仕事です。


今年最初の出張は、

東京で、その後は岡山、

宮崎と続きました。


こういう生き方は幼い頃の、

兼高かおるさんや、

カロリーヌの世界の旅

の影響も大きいと思います。

ご存知ですか?